恐竜化石シンポジウムinたんば レポート


10月22日、「恐竜化石シンポジウムinたんば」が篠山市の四季の森生涯学習センターで
開催されました。

開演前から会場周辺では、恐竜フィギュアや化石のレプリカの展示のほか、

化石発掘体験や篠山産業高校による「チョコレートを使った化石レプリカ作り」
といった関連イベントも行われました。

午後からはいよいよ、恐竜化石シンポジウムが開演!!

最初の講演は、国立科学博物館の對比地孝亘先生。
テーマは、「恐竜の生物学~軟組織の復元から成長と進化まで~」

興味深かったのが、恐竜の軟組織や筋肉の形態は、分岐図上で近縁にあたる現生種や
同じ祖先を持つ生物などの共通点から推測するという話。
ちなみに恐竜に近い生物は、鳥類とワニ類だそうです。
また、化石の断面には、生きた年数を示す年輪のようなものがあるなどの話もされました。

続いては、アメリカ・フィールド博物館の新谷明子先生による
「プレパレーターの仕事」

プレパレーターとは、化石のクリーニングや修復作業のほか、標本やレプリカの
作製を行う技術者。言わば化石の専門家です。
講演では、仕事や道具、設備の解説と、発掘活動の様子を話されました。

最後は、「たんばでよみがえる恐竜の世界」をテーマにパネルディスカッション。

パネリストに
三枝春生(人と自然の博物館)        對比地孝亘(国立科学博物館)
新谷明子(アメリカ・フィールド博物館)   小田隆(画家、成安造形大学)
徳川広和(恐竜復元作家、㈱ACTOW)

コーディネーターに
渡部直人(林原生物化学研究所古生物研究センター)

上記の豪華メンバーによる議論の中で出た情報をもとに、小田先生がホワイトボードに
篠山層群の時代のイメージを描きこむと言う流れで行われました。

話を振られた人博の先生が議論に加わったり、渡部先生の軽快な司会進行に会場から
笑いがこぼれる場面もあり、終始和やかな雰囲気でした。

その中で完成したのがこちら。とても2時間足らずで描かれたとは思えない出来映えです。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2017. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会