隕石衝突で絶滅しなかった恐竜!?

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 2月 06日by 恐竜info編集長コメント:0

恐竜絶滅の原因は隕石の衝突ですが、絶滅せずに生き延びた恐竜がいたかもしれないというニュース、話題ですね。

隕石衝突の絶滅生き延びた?70万年後にも恐竜

約6550万年前の白亜紀末に起きた巨大隕石(いんせき)の衝突による恐竜の大量絶滅の後も約70万年間生き延びた恐竜がいたとする研究成果を、カナダ・アルバータ大などの研究チームが発表した。

隕石が衝突してからどれくらいで恐竜が絶滅したのか、わかってないことも多いようですが、隕石の衝突した約6550万年前から約70万年も生き延びたとすれば、絶滅にはかなりの時間がかかったのでしょうか。ありえそうなシナリオではありますが、ともかく、これがはっきりとわかればすごいことですね。

ただ、年代の測定は誤差も気になるところ。研究が進んで、新たな測定の方法で確認されるか、もっとほかにも中生代・新生代の境界より新しい地層から見つかってこないか。それまではわくわくしておくことにします。

下記記事もご参考に。

絶滅直後の恐竜化石の年代を測定

Trackbacks/Pingbacks

  1. Tweets that mention 隕石衝突で絶滅しなかった恐竜!? | 恐竜info -- Topsy.com

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会