恐竜の心臓化石は本物か?

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 1月 31日by 小橋 昭彦コメント:0

心臓が化石として残っていると話題になった、通称「Willo」と呼ばれる恐竜の再調査の結果が発表されています。

Histological, chemical, and morphological reexamination of the “heart” of a small Late Cretaceous Thescelosaurus

A three-dimensional, iron-cemented structure found in the anterior thoracic cavity of articulated Thescelosaurus skeletal remains was hypothesized to be the fossilized remains of the animal’s four-chambered heart. This was important because the finding could be interpreted to support a hypothesis that non-avian dinosaurs were endothermic. Mammals and birds, the only extant organisms with four-chambered hearts and single aortae, are endotherms. The hypothesis that this Thescelosaurus has a preserved heart was controversial, and therefore, we reexamined it using higher-resolution computed tomography, paleohistological examination, X-ray diffraction analysis, X-ray photoelectron spectroscopy, and scanning electron microscopy. This suite of analyses allows for detailed morphological and chemical examination beyond what was provided in the original work. Neither the more detailed examination of the gross morphology and orientation of the thoracic “heart” nor the microstructural studies supported the hypothesis that the structure was a heart. The more advanced computed tomography showed the same three areas of low density as the earlier studies with no evidence of additional low-density areas as might be expected from examinations of an ex situ ostrich heart. Microstructural examination of a fragment taken from the “heart” was consistent with cemented sand grains, and no chemical signal consistent with a biological origin was detected. However, small patches of cell-like microstructures were preserved in the sandstone matrix of the thoracic structure. A possible biological origin for these microstructures is the focus of ongoing investigation.

残念ながら、結論としては、どうも心臓じゃないんじゃないかということですね。ウィローについては下記のサイトもご参考に。

Willo, the Dinosaur with a Heart

このテスケロサウルスの「心臓」が注目されたのは、それが4つの区分を持つ心臓と考えられたからです。二心房二心室というのは、現在なら哺乳類と鳥類だけが持つ特徴です。鳥類の基盤である恐竜もこの特徴を持っていたとすれば、恐竜が内温性であったことの証拠のひとつになるわけです。

そういうわけで、10年前、心臓の発見が明らかにされたときは、大きな話題を集めました。たとえば下記の記事を参照ください。

恐竜の心臓化石をCT検査、温血動物説の確証か

6600万年前の恐竜の体内を覗いてみたところ、その驚くべき画像に写し出されたのは、温血動物の心臓だった。この事実は、恐竜が足取り重くゆっくり歩く生物ではなく、常に腹を空かせて素早く行動する生物だったという説をさらに裏付ける証拠となる――20日(米国時間)、研究グループがこのように発表した。

今回、さまざまな方法で検証したけれど、確証を得ることはできませんでした。もっとも、この結果が、恐竜の内温性を否定するわけではありません。恐竜の内温性の問題については、まだまだ議論が続くことでしょう。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会