古生物関係の入門書

恐竜情報源>書籍など 2011年 1月 24日by 小橋 昭彦コメント:1件

ブログ「職人のぱれおんとろじぃな日々」で、古生物関連の入門書をピックアップされていますので、ご紹介します。

古生物関係の入門って何が良いのん?

それをうけてのTwitter上でのやりとりのまとめも合わせてどうぞ!

古生物学の教科書について

@gervillariaによる古生物の教科書についてのブログ記事リリース報告に関連して、学問としての「古生物学」を学ぶテキストや、各分類群の教科書などに話が広がっていき……まぁ、古生物学クラスタの本ってどんなのがあるか、程度の参考として。

詳細はそれぞれのエントリーなりまとめなりをご覧ください。参考になります。

ところで、職人さん分類に従えば、われわれ協議会メンバーは「情報蓄積趣味」の恐竜ファン、ということになるでしょうか。いや、きっとまだそこまでもいかないですね。化石が出てきてびっくりしてあたふたしている、そんな段階かもしれません。

ともあれ、そんな立場として気になったポイントだけ、ピックアップしてみました。

まずは、

が基本なんだけど、残念ながら品切れ。検索してみましたが、丹波市の図書館にも兵庫県の図書館にもないですね。

そこで、入手しやすいところとして、次があるという感じでしょうか。

いやそれにしても、恐竜だけでもあたふたしている丹波のわれわれにとって、古生物の世界は奥がいっそう深いですね。

"古生物関係の入門書"へのコメント(1 件)

  1. 職人 より:

    ご紹介ありがとう御座います!

    古生物学の世界は面白いのに、中々その奥を見せてくれないところがありますね。
    良書が本当に少ない感じです。手軽な値段の本だと中身がわやくちゃな事も多いですし。
    幸い恐竜関係については、色々と本が出ているので他の種類に比べればかなり良いのですが。

    ラウプ&スタンレーの改訂版は別の著者で出ております(とぅぎゃったーの記事をご参照ください)ので、そちらでしたらお求めor図書館に購入依頼も可能かと思います。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会