米ユタ州から、今年8番目の新種恐竜

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 12月 17日by 小橋 昭彦コメント:0

アメリカのユタ州で、また新種の恐竜が発見されました。同州からは今年これで8つ目、記録的な発見ラッシュです。

BLM Utah Sets Record: Seven New Species of Dinosaur in 2010

They have been extinct for millions of years, but Utah dinosaurs are having a record breaking year. Today the Bureau of Land Management (BLM), Utah Geological Survey (UGS), and Temple University announce the naming of the seventh dinosaur from BLM Utah in 2010. Geminiraptor suarezarum, found on BLM lands near Green River, UT, is the oldest reported “raptor-like” troodontid dinosaur in North America (125 million years old).

今回見つかったのは、1億2500万年前の地層で、トロオドン科の恐竜ということですね。発表論文は下記。

A New Troodontid Theropod Dinosaur from the Lower Cretaceous of Utah

それにしても、今年だけで8種というのは、驚かされます。このうち、当サイト公開後の発表だけで5種目ということになりますね。何せ一度の発表で2種というのが2回もありました。

角竜の新種発見がもたらすミステリー

こちらは9月22日のことで、角竜を2種類となんとも、派手な発表でした。それから、11月22日にはイグアノドン類です。

アメリカで新種の恐竜、二種発見

これも2種ですからね。その他の発見について、冒頭に紹介した記事の最後のほうに一覧されていますので、ご参照ください。

ちなみに、現在までに見つかって名づけられている恐竜の種類がおよそ800種類。いわば、その1%にあたる種を、今年ユタ州だけで追加した、ということになります。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会