竜と獣の道学・連続セミナー第6回目

恐竜が出た!>発掘・研究最前線 2010年 11月 16日by 恐竜info編集長コメント:0

「竜と獣の道学・連続セミナー」の第6回目が開かれました。
今回が最後の回になります・・・

第6回目は「兵庫の化石」。人と自然の博物館で行われました。
先生はひとはくの松原尚志先生です。


セミナーの様子。

兵庫で発見されている化石についてお話しくださいました。
全然知らなかったのですが、兵庫県ではそれぞれの時代で
恐竜、植物、貝類などなど、ほんとに多くの化石が出てるんですね。

また松原先生が研究されている貝の化石のお話しもありました。

日本の化石の研究者は研究する化石を自分で見つけなくてはいけないそうです。
いくら優秀でも化石を見つけなくては…というような研究者事情も。

そして、セミナー後は修了証書の授賞式!
まちづくり推進協議会の会長である河合先生からのあいさつです。


子どものころに、篠山層群から化石が出ていたことを知っていたら
昆虫少年ではなく、化石少年になってたかも!?とおっしゃっていました。

今回のセミナーでは6回の講座のうち、3回以上セミナーを受講すると
「竜と獣の道学・修了証」が授与されます。
今年は36人中34人の方が修了証を受け取られました!


河合先生から一人一人の受講者に修了証が授与されました。

これで今年の「竜と獣の道学・連続セミナー」は終わりです!
また来年度、こういうような機会があればお知らせしますのでぜひご参加ください!

第5回目の記事はこちら↓
http://kyoryu.info/a/1284

第4回目の記事はこちら↓
http://kyoryu.info/a/1223

第3回目の記事はこちら↓
http://kyoryu.info/a/1172

Trackbacks/Pingbacks

  1. 兵庫県で新種の二枚貝の化石! | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会