米国で最古のエビ類化石発見

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 11月 11日by 小橋 昭彦コメント:0

アメリカのオクラホマ州で、今から3億6000万年前という、最古のエビ類の化石が発見されました。

Professors Study Oldest Fossil Shrimp Preserved With Muscles

“The oldest known shrimp prior to this discovery came from Madagascar,” Feldmann said. “This one is way younger, having an age of ‘only’ 245 million years, making the shrimp from Oklahoma 125 million years older.”

筋肉の様子までわかる珍しい化石ですね。時事ドットコムの日本語記事からも引用しておきます。

発見者の名前などから「アキクロポーダ・マペシ」と名付けられた化石は、長さが8センチ弱。尾の筋肉の形がよく保存されており、死んでからすぐ、酸性で酸素が少ない海底に埋もれたと考えられる。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会