第5次丹波恐竜化石発掘が始まりました

恐竜が出た!>発掘・研究最前線 2010年 11月 11日by 小橋 昭彦コメント:0

丹波竜の第5次発掘調査が始まりました。まずは保護用コンクリートの撤去と岩盤の掘削から。手掘りによる本格的な調査は12月中旬から始まります。

発掘調査にあたる県立人と自然の博物館のサイトで、昨日の現地からの記者発表の様子が掲載されています。

第5次丹波恐竜化石発掘岩盤掘削開始

第五次篠山層群恐竜化石発掘調査にむけ、保護層(コンクリート)の撤去と岩盤掘削作業が始まりました。

各紙にとりあげていただきましたが、下記、神戸新聞記事から引用します。

三枝春生主任研究員は「骨は肉食恐竜に食い散らかされ、広範囲に散らばっているとみられる。思わぬ大きな化石が見つかるかもしれない。小型動物の発見にも期待したい」と話している。

当面は重機による作業ですので、発掘現場の見学は12月中旬からがお薦めです。発掘ボランティアのみなさんも加わり、手掘り作業が始まります。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会