恐竜はどんな物を食べていたのでしょう?


それを知る興味深い展示が行われています。

大阪市立自然史博物館で開催中の特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」の関連展示として、

自然史博物館に隣接する「花と緑と自然の情報センター」2階アトリウムにおいて

「恐竜戦国時代の「エサ」?! —化石と長居植物園で知る植物の進化—」が開催中です。

(~5月25日(日)まで

植物食恐竜ステゴサウルスやブラキオサウルスが、

そのマツボックリを食べたかもしれない裸子植物「ナンヨウスギ」の化石や、

恐竜は食べてないけれど、生きていた姿がわかっている地球最古の植物化石、

約3億9千年前のシダ植物「クックソニア」の化石など約20展が展示されています。

太古の森はどんなだったでしょう。。。

生態環境復元図@ちーたんの館

生態環境復元図@ちーたんの館

 

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2014. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会