TANBA DORAGON in 愛宕祭

恐竜が出た!>里の人びと 2011年 8月 28日by 恐竜info編集長コメント:0

丹波市氷上町の成松周辺で、毎年823日から24日にかけて開かれる愛宕祭。

陶器など日用品から一種類の素材を選んで建物や風景を再現する「造り物」や、

夜空を彩る打ち上げ花火が目玉の丹波で最大規模のお祭です。

今年も様々な造り物が展示されていました。その中でも目玉となるのが……。

全長20メートルの丹波竜の造り物!!

等身大ともいえる大きさのため、ガレージの中に納まらず、尻尾が外にはみ出していました。

ちなみに製作したのは、丹波でまちづくりに取り組む関西大学の学生。

成松の甲賀山などで拾った枝をつなぎ合わせて作られたそうです。

23日はあいにくの空模様でしたが、翌24日は打って変わって晴天に恵まれ、

多くの見物客が丹波竜の造り物の前で足を止めていました。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会