1億年以上も栄えた恐竜が突然滅んだのは、なぜですか?

なぜなに百科 2011年 7月 28日by 恐竜info編集長コメント:0

三畳紀の後期に現れた恐竜は、約1億6450万年も栄えましたが、6550万年前の

白亜紀末に大量絶滅しました。

その原因は今のところ、宇宙から巨大ないん石が降ってきて、地上が大火事になり、

舞い上がったチリやホコリが太陽の光をさえぎり、地上は暗く寒くなり、このために多く

の生物が滅びたとする説が一番有力です。

メキシコのユカタン半島にある直径200kmの巨大なクレーターは、その時のいん石の

跡と考えられています。

他にも、火山の噴火が続いて、チリやホコリが舞い上がり、地球の環境が変化した

という説や、伝染病が広まったという説など様々な説があり、恐竜の絶滅の原因に

ついて、はっきりとした結論はまだ出ていません。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会