恐竜には、どんな種類がいたのですか?

なぜなに百科 2011年 7月 28日by 恐竜info編集長コメント:0

恐竜は、三畳紀の後期「鳥盤類」「竜盤類」の2種類に分かれました。

鳥盤類とは……

  

 骨盤の恥骨が後ろに長く植物を食べていたのが特徴で、以下の3種類に分類されます。

ステゴサウルスなど背中に骨のよろいや尾の先にハンマーのようなものを付けた装盾類
トリケラトプスなど頭に角やこぶ
のある周飾頭類(しゅうしょくとうるい)
イグアナドンなど固い植物もかみ砕ける
歯やあごをもった四足歩行の鳥脚類(ちょうきゃくるい)

竜盤類とは……

   骨盤の恥骨が前に突き出たのが特徴で、植物以外に動物を食べるものもいました。
さらに、
以下の2種類に分類されます。

ティタノサウルスなど長い首と尾をもった巨大な竜脚形類
ティラノサウルスなど鋭いきばと大きなかき爪めで獲物をおそって食べていた獣脚類

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会