恐竜って、なんですか?

なぜなに百科 2011年 7月 15日by 恐竜info編集長コメント:0

「恐竜」は、中生代の三畳紀……今から約2億3000万年前に現れ、
約6550万年前の
白亜紀に絶滅した「は虫類」のひとつです。

最初は上の絵のように、40cmくらいの人より小さい恐竜もいましたが、

時代が進んでジュラ紀になると、全長30mにも及ぶティタノサウルス、
全長14mに及んだティラノサウルスなどのように巨大なものも現れました。
体の形も最初はよく似ていましたが、住む場所や気候、生活のしかたに
よって、いろいろな形
に変化していきました。

この「恐竜」という呼び方は、外国で使われている「ダイノサウリア」という
単語を
日本語に直したものです。

この「ダイノサウリア」とは、今から約150年前、当時は「巨大化したトカゲ」
と考えられていた
恐竜が、他のは虫類と違う特徴を持っていることを発見した
イギリスの古生物学者リチャード・オーエン
によって付けられた呼び名です。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会