ティラノサウルスが暴れまわるのは…

ニュースウォッチ>その他 2011年 4月 21日by 小橋 昭彦コメント:0

guardian掲載のコラムです。ティラノサウルスの名前に寄りかかりすぎてない?っていう問いかけ。

Everybody loves Tyrannosaurus

But our love for Tyrannosaurus can be unhealthy. You don’t need to look further than the headlines to see that the great Cretaceous predator has become the standard by which almost all of prehistory is judged. Dunkleosteus – a Devonian armoured fish – “had [a] bite stronger than a T. rex”; the invertebrate Hurdia was heralded as the “T. rex of the Cambrian period”; and, despite having a different shape, Colombia’s fossil snake Titanoboa was said to be “as big as T. rex”.

新しい化石が見つかったら「ティラノサウルスの親戚」と呼んでみたり、ティラノサウルスより強かった、と表現してみたり。

確かに、ティラノサウルスは人気が高いし、見出しに用いると注意も引きやすい。イメージ喚起力があるんですよね。でも、そうした安易な使用が、本来なら触れてもらうべきだったより深い世界をこぼれ落とさせていないか。

うむむ、自戒しておきます。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 歯周病の起源は恐竜以前にあった | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会