初期の鳥には匂いも重要だった

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 4月 13日by 小橋 昭彦コメント:0

恐竜から鳥に進化するとともに、嗅覚は退化していったと考えられていましたが、どうやらそうではなかったようです。初期の鳥は、むしろ嗅覚を発達さえさせていたかもしれません。

Evolution of the sense of smell in dinosaurs and birds

Evolution of olfaction across the dinosaurian transition to birds. Everyone knows birds aren’t exactly bloodhounds. The party line has been that the evolution of flight in birds favored vision and balance over olfaction, and so the sense of smell was reduced. A new study overturns that perception, showing that as birds evolved from theropod dinosaurs their sense of smell was maintained and actually increased in basal birds.(Zelenitsky, D. K., F. Therrien, R. C. Ridgely, A. R. McGee, and L. M. Witmer. 2011. Evolution of olfaction in non-avian theropod dinosaurs and birds. Proceedings of the Royal Society B.)

恐竜から現代の鳥類まで、頭蓋骨化石をCTスキャンして、嗅覚に関わる脳の発達を推定した結果ですね。上記、大学のサイトでは、オウムやカラスのように、鳥が賢くなるに従って、嗅覚に依存する必要がなくなっていったという記述もあります。

嗅覚サイズ

そういえば、映画的表現なのかもしれませんが、未知の動物がくんくんと匂いをかぐ動作って、なんとなく原始的なイメージです。下記、研究の紹介ビデオです。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 恐竜は夜目がきいた | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会