キックする恐竜はこうして描かれた

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 3月 08日by 小橋 昭彦コメント:0

先々週話題になった「キックが得意な恐竜」ですが、論文著者らのブログで、あの印象的な復元イラストの制作過程が紹介されています。

Genesis of an instant palaeo-art classic

After a couple of relatively hardcore posts on ilial osteology, we though it would be good to look at something lighter this time. If you’re interested in dinosaurs, or indeed alive, you will hardly have been able to avoid seeing Francisco Gascó’s glorious life restoration of Brontomerus.

馬のように後ろ蹴りするパターンなども検討されていたんですね。また、頸が折れて噴出する血の色が変更されるなどのエピソードもおもしろいです。いや、もちろん、尻尾の筋肉のつき方の検討など、復元の基本においても興味深いです。

こうした記事を読めるって、なんだか幸せですね。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会