白亜紀初期の海面水温は高かった

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 2月 23日by 小橋 昭彦コメント:0

白亜紀初期、海面の水温は現在より5度ほど高かったそうです。

白亜紀初期の高温

約1億4200万〜1億2800万年前の白亜紀初期には、海面水温がこれまで考えられていたよりも高く、少なくとも今日の温度よりも5℃高かったとの報告が寄せられている。

K Littlerたちは、北大西洋とインド洋のサイトで得られた海洋堆積物中に保持された有機化合物を用いて、海面水温を再現した。彼らは、1400万年間を通して温度は全体として暖かく安定していたことを見いだした。さらに、中緯度と低緯度との間の温度差は、現在よりも小さかったようだ。このことは、現在よりも約16℃も高温だったインド洋中緯度サイトの異常な高温の結果とほぼ考えられる。

白亜紀、ひとつだった大陸は分裂を始めていましたが、海水温の高さはどんな影響を与えたのでしょうね。論文は下記。

High sea-surface temperatures during the Early Cretaceous Epoch

Nature Geoscience(2011)

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会