北米から白亜紀後期の大型植物食恐竜

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 2月 09日by 小橋 昭彦コメント:0

ティタノサウルス類のような大型の植物食恐竜、白亜紀後期には活躍の舞台を南半球に移していました。そうしたなか、このほど北米から発見されたそうです。

The first giant titanosaurian sauropod from the Upper Cretaceous of North America

Argentinosaurus (Cenomanian, Argentina) is generally accepted as being the largest dinosaur so far discovered and is one of several giant titanosaurian sauropods known from the Upper Cretaceous of South America and Asia, but suprisingly not from North America. Here we present the first evidence of giant titanosaurian sauropods from the Upper Cretaceous of North America: two enormous vertebrae and a partial femur, from the Naashoibito Member of the Ojo Alamo Formation, New Mexico, and referred to Alamosaurus sanjuanensis. One of the new vertebrae, a posterior cervical, is comparable in size to a posterior cervical described for Puertasaurus: an Argentinosaurus-sized titanosaurian from the Maastrichtian of Argentina. This makes A. sanjuanensis the largest dinosaur from North America, and among the largest in the world. These findings indicate that A. sanjuanensis is diagnosed based on immature remains, which may have implications for cladistic analyses.

ティタノサウルス類といえば、いかにも恐竜らしい大型の植物食恐竜。白亜紀前期こそ北半球で見つかっていますが、白亜紀後期には主舞台を南半球に移していました。体長が35メートルあるという史上最大級のアルゼンチノサウルスも、名前の通りアルゼンチンからですね。今回の発見は、北米にもアルゼンチノサウルス級の巨大植物食恐竜がいた証拠を示すものです。

もうひとつ興味深いのが、これまで北米から見つかっていたアラモサウルスが、未成熟の子どもだったのではないかという指摘です。アラモサウルス、21メートルですが、子どもの場合、大人になった恐竜の先祖として分類されがちだそうで。それをふまえると、実は北アメリカにも超大型の植物食恐竜が普通にいたのではないかと。そんな風にも考えられるようです。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会