ヘビの脚はどうして無くなったのか?

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 2月 09日by 小橋 昭彦コメント:0

ヘビの脚は、いつどのような経緯で無くなったのでしょうか。9500万年前のヘビの化石をX線で調査したところ、そのヒントが見つかったようです。

X-rays reveal hidden leg of an ancient snake

Synchrotron X-ray investigation of a fossilised snake with legs is helping scientists to better understand how in the course of evolution snakes have lost their legs, and whether they evolved from terrestrial lizards or from reptiles living in the oceans. New 3-D X-ray images reveal that the internal architecture of the ancient snake’s leg bones resemble those of modern terrestrial lizard legs. The results are published on 8 February in the Journal of Vertebrate Paleontology.

ヘビがどのような進化をたどったかは、謎に包まれています。地上のトカゲのような生き物が徐々に脚を失っていったのか、あるいは海棲の爬虫類がやがて脚を失っていったのか。

今回、研究者らが調査したのは、およそ9500万年前、白亜紀後期にさしかかった頃の、ヘビの祖先の化石です。脚がまだあったようですが、これをX線で観察して、3Dモデルで復元したとのことです。

その結果、脚の付き方が、トカゲに似ていたとのことです。ヘビの起源論争に一石を投じる結果ですね。論文は下記。

Three-dimensional pelvis and limb anatomy of the Cenomanian hind-limbed snake Eupodophis descouensi (Squamata, Ophidia) revealed by synchrotron-radiation computed laminography

下記に3Dモデルの紹介動画です。

Trackbacks/Pingbacks

  1. Tweets that mention ヘビの脚はどうして無くなったのか? | 恐竜info -- Topsy.com

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会