ティラノサウルスの成長


ロサンゼルス群立自然史博物館の恐竜ホールがこの夏新装されるのにともなって、ティラノサウルスの成長過程が再現されるそうです。

Exhibit Shows Rapid Growth, Social Nature of Dinosaurs

A one-of-a-kind exhibit has been unveiled in Los Angeles that shows the stages of growth of a long-extinct giant – the Tyrannosaurus rex dinosaur. The exhibit at the Natural History Museum of Los Angeles County updates our understanding of the ancient creature.

ロサンゼルス群立自然史博物館のホームページに、展示されるティラノサウルスの概要シートが掲載されています。

Growth Series Info(PDF)

それによると、展示されるティラノサウルスは2歳、14歳、18歳。頭から尾の先までの体長は、それぞれ3.3メートル、6.4メートル、10.2メートルとなっています。体重はそれぞれ、30キロ、1800キロ、3200キログラムとあります。

ん? 子どもの体重って、ずいぶん軽いですね。ちょっと信じられないほど。ダチョウでも100キロ前後あるのですが。赤ちゃんの頃の恐竜には羽があったのではとも言われています。あのティラノサウルスも、幼い頃はか弱き存在だったわけですね。

恐竜はずいぶん早く成長したと言われていますが、これだけの速度でぐんぐん大きくなっていった、新しい展示では、そんな様子を見ることができるようです。

プロモーション動画がありましたので、ご紹介しておきます。

Trackbacks/Pingbacks

  1. Tweets that mention ティラノサウルスの成長 | 恐竜info -- Topsy.com

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会