手取層群で恐竜の足跡化石

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 12月 22日by 小橋 昭彦コメント:0

手取層群で、恐竜や鳥類の足跡化石が発見されました。

論文は福井県立博物館紀要に。

福井県立恐竜博物館紀要9号 2010年12月

PDFでダウンロードできますが、写真も載っています。これが足跡とわかるかどうか。丹波の地層を歩くときも気をつけなくては。

福井県福井市東部, 足羽川地域に分布する手取層群小和清水層(ジュラ紀後期~白亜紀前期)から恐竜および鳥類の足印化石を新たに発見した. 恐竜の足印化石は獣脚類および鳥脚類恐竜のものであり, また竜脚類である可能性のものが含まれる. 手取層群分布域の最西端にあたる地域からのこうした恐竜足印化石は, 陸上の堆積環境を示すとともに, 多様な恐竜が広く繁栄していたことを示している.

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会