国内最大級のモササウルス化石、大阪で発見

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 12月 19日by 小橋 昭彦コメント:0

大阪府で、白亜紀末期の海生爬虫類、モササウルス類と見られる化石が発見されました。推定体長10メートルと、国内最大級だそうです。

モササウルス類の化石、体長10m国内最大級

大阪府泉南市の和泉山脈で、白亜紀末期(約6600万年前)の大型海生爬虫(はちゅう)類・モササウルス類とみられる顎の化石が見つかり、きしわだ自然資料館(大阪府岸和田市)が18日、発表した。

きしわだ自然資料館では、ちょうどモササウルス展を開催中ということで、この機会に、恐竜だけではなく、白亜紀の海にも注目してみてください。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会