静岡で新春『アロサウルスが見た世界 ジュラ紀の地球展』


静岡市の静岡科学館る・く・るで、2011年1月8日(土)から2月13日(日)まで、企画展「アロサウルスが見た世界 ジュラ紀の地球展」が開催されます。

静岡科学館る・く・るニュース

1964年、東京・上野の国立科学博物館に、日本国内で初めて恐竜の全身骨格が登場しました。およそ1億5000万年前のジュラ紀後期、当時の地球上で最強をほこった肉食恐竜・アロサウルス。その貴重な実物化石が静岡科学館にやってきます。

国内初の全身骨格登場が1964年だったんですね。うかつにも知りませんでした。。。ともあれ、その実物化石が展示されるとのこと。上記ニュースページ「これからの予定」から、企画展予告のリンクをクリックしてご確認ください。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 静岡科学館のイベントレポート | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会