翼竜は前脚を使って離陸していた

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 11月 22日by 小橋 昭彦コメント:0

恐竜時代の空を支配していた翼竜は、大きいものだと現代のキリンほどの大きさになりますが、それが離陸するとき、前脚の力を使って、身体はじき出すようにして離陸していたことがわかりました。

Prehistoric winged beasts ‘pole-vaulted’ into flight

They state that the giant reptiles took off by using all four of their limbs and effectively ‘pole-vaulting’ over their wings using their leg muscles and pushing from the ground using their powerful arm muscles. Once airborne they could fly huge distances and even cross continents. Their research is published today in the international Public Library of Science journal, PLoS ONE.

これまで翼竜については、パラグライダーのように走りながら風に乗った、あるいは重すぎて飛べなかったとまで言われたこともありました。しかし、このほど発表された研究によると、現代の鳥からの類推にとらわれすぎることなく、彼らが四足すべてを使って飛んだと考えれば、離陸が可能だと指摘されています。

「pole-vaulted」とタイトルにありますが、棒高跳びですね。つまり、人間で言えば棒を手でしならせてその勢いでジャンプするように、前脚をついて、その筋肉の力で空に飛び上がったというわけです。ビデオが公開されているので、みてもらった方が早いかな。

なんとも、力強いジャンプですね。カッコいいです。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 風洞実験で翼竜の飛び方を実験 | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会