ピッツバーグで古脊椎動物学会

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 10月 15日by 小橋 昭彦コメント:0

米ピッツバーグで、古脊椎動物学会(SVP)が開催され、カエル化石を発見した兵庫県立人と自然の博物館の池田研究員も参加されました。

その様子が、やはり学会に参加されたふらぎさんのブログで紹介されています。

SVP2010inピッツバーグ前日(ふらぎ雑記帳)

7日の深夜、兵庫県立・人と自然の博物館・池田忠広さんがホテルに到着、合流。池田さんは今回、あの丹波竜と同じ場所で見つかった、世界でも珍しい保存状態のカエル化石の報告のためSVP参加。

今回の学会はどんな様子だったのでしょうか。恐竜.infoでも、おって池田さんにお尋ねしてみたいと思います。池田さんの発見については、下記をご参照ください。

日本初、カエルの全身骨格発見

池田忠弘研究員によるカエルの話

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会