恐竜はもっと背が高かった?

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 10月 01日by 小橋 昭彦コメント:0

ミズーリ大学やオハイオ大学の研究チームの発表によると、恐竜はもう少し関節部の軟骨が厚く、背が高かったのではないかということです。

Dinosaurs significantly taller than previously thought, MU researcher finds

It might seem obvious that a dinosaur’s leg bone connects to the hip bone, but what came between the bones has been less obvious. Now, researchers at the University of Missouri and Ohio University have found that dinosaurs had thick layers of cartilage in their joints, which means they may have been considerably taller than previously thought.

軟骨が化石として残ることはまずないので、想像で補うしかないのですが、研究チームが再検討したところ、考えられてきたよりもうすこし厚かったのではないかということです。

関節部が伸びることになりますから、全体で言うと数十センチ、背が高くなる計算です。これが正しいとすると、博物館で見る骨格模型も、もう少し関節部を伸ばして想像するといいということになります。想像図は、Discoveryの記事等ご参照ください。

Dinosaurs Taller Thanks to Thick Cartilage

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会