2010年 9月 23日の記事一覧

角竜の新種発見がもたらすミステリー

ユタ州で2種類の角竜が発見されました。横向きの角、フリル飾りのような形状の襟とユニークな姿もさることながら、これらが同時期に生息したことから、広くない大陸になぜこれだけの種類の角竜が生息可能だったかという謎をもたらしてい […]

史上最大の鳥の化石発見

チリの500万年~1000万年前の地層から、翼を広げた大きさが5メートルを超えるという史上最大の鳥の化石が見つかりました。

巡回展「長野市から見つかった化石たち」

長野市で行われている500万年前の化石の特別巡回展、「太古からの贈り物 長野市から見つかった化石たち」が、戸隠地質化石博物館で始まっています。

木の化石が日本に「里帰り」

長崎で発見され、スウェーデンの探検家が持ち帰っていた木の化石が、福井県立恐竜博物館に寄贈されたそうです。

福井県立恐竜博物館で「タンバヨサウルス」脚部展示

福井県立恐竜博物館から、9月から新しく展示される化石の発表がありました。

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会