鹿児島県で白亜紀末期の肉食恐竜の歯の化石発見

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 9月 04日by 小橋 昭彦コメント:0

鹿児島県薩摩川内市で、白亜紀末期の肉食恐竜の歯の化石が発見されました。

【動画】下甑島の子供たちが恐竜の化石発見

蓮見君が見つけた化石は白亜紀最末期の肉食恐竜の歯の化石で、形状から全長6メートルから8メートルのティラノサウルス類の可能性が高いということです。また、永田さんが見つけた魚の骨の化石はジュラ紀から白亜紀にアジアに生息していた全長25センチほどのシナミア類の淡水魚の可能性が考えられるということです。

化石発掘体験会に参加していた子どもたちが見つけたものだそうです。丹波でも、体験会から発見された化石が少なくありません。体験会というと、ちょっとかじってみるというエンタテイメント的な印象を受ける方も多いですが、このように、重要な発見の場になります。ぜひ、みなさんも機会を見つけてご参加ください。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会