リンゴの祖先は恐竜絶滅期に枝分かれ?

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 8月 31日by 小橋 昭彦コメント:0

このほどリンゴのゲノムが解読されました。それによると、リンゴが桃やイチゴなどから枝分かれしたのは、恐竜絶滅期と考えられるそうです。

リンゴのゲノムを解読、祖先は恐竜絶滅期に枝分かれか

この時期はちょうど、恐竜が絶滅した白亜紀末期と重なる。恐竜は、地球に小惑星が衝突して大規模な火災が起こり、舞い上がった灰やすすで太陽光がさえぎられて地球が冷却化したことが原因で、絶滅したと考えられている。

この気候変動が起こった際に、リンゴの祖先種は種の保存をかけてほぼ全てのゲノムを複製し、桃やイチゴとは非常に異なる現在のリンゴに進化したのではないかと、研究に参加したニュージーランド作物食品研究所(New Zealand Plant and Food Research)のスー・ガーディナー(Sue Gardiner)氏は説明した。

隕石の衝突が引き起こした大変動。地上では恐竜や哺乳類の生き残り競争があり、同じように、植物界にも、生き残りのためのさまざまな戦略があった。当時の地球環境を、より豊かにイメージできる気がします。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会