恐竜絶滅を引き起こした隕石衝突は1回ではなかった?

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 8月 30日by 小橋 昭彦コメント:0

恐竜絶滅を引き起こしたのが隕石衝突であったことはよく知られるようになりましたが、それは、メキシコ湾への1回だけではなかったのかもしれません。

Double meteorite strike ‘caused dinosaur extinction’

The dinosaurs were wiped out 65 million years ago by at least two meteorite impacts, rather than a single strike, a new study suggests.

BBCが伝えるところによると、このほど発表された論文で、メキシコ湾への隕石衝突と同じ頃にウクライナに衝突した隕石が、恐竜絶滅につながっている可能性が指摘されているそうです。

同じ頃といっても、数千年くらいの隔たりはありそうということで、もしかするとこの時期の地球は、数千年にわたる隕石群にみまわれていたのかもしれません。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会