和歌山で白亜紀前期のカニ化石

ニュースウォッチ>発見・研究 2010年 8月 14日by 小橋 昭彦コメント:0

和歌山県有田郡で、白亜紀前期のカニ「ニッポノポン・ハセガワイ」の化石が発見されました。

小学生が発見!「和歌山初のカニ化石」

有田郡湯浅町で小学生が発見したカニの化石が、和歌山初、世界でも3カ所めの発見となるニッポノポン・ハセガワイであることがわかりました。

夏休み自由研究バスに参加していた小学生が発見したとのこと。

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会