日本初、カエルの全身骨格発見


丹波竜が発見された篠山層群から、今度はカエルの全身骨格が発見されました。

丹波の恐竜化石発掘調査における無尾類の全身骨格化石の発見について

丹波市山南町で行われている、恐竜化石の発掘調査において、これまで産出した化石の中に、無尾類(カエル類)のほぼ完全な全身骨格化石が確認されました。この化石は8月7日から人と自然の博物館において展示・一般公開するとともに、10月にこれまでの成果を学会で発表します。

全身骨格が日本初というのもすごいのですが、カエルといえば農業の味方でもあり、今も丹波市有機農業推進協議会のロゴに使われています。生物多様性年でもある今年、丹波の地層からカエルが見つかったということに、意義深いものを感じます。

そんなカエルにあいに、ぜひひとはくに行ってみてくださいね!

Trackbacks/Pingbacks

  1. ピッツバーグで古脊椎動物学会 | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2010. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会