史上最大の絶滅の原因は火山噴火?

今から2億5000万年前におきた史上最大の絶滅の原因が火山噴火であった直接的な証拠を見つけたと、カナダの研究者らが発表しました。

石川県から古代の貝の化石

石川県で、1億3000万年前の巻貝の化石が見つかりました。新種だそうです。

翼竜の雌雄の見分け方

このほど、卵を生む前の翼竜の化石が発見されました。見所の多い発見です。

翼竜の体重は100キロを超えていた

翼竜が残した足跡を現生の爬虫類などと比べてみた結果、その体重は100キロを超えていたと推定されるそうです。

最初期の肉食恐竜を発見

南米でおよそ2億3000年前と、恐竜が登場した頃の肉食恐竜の化石が発見されました。

カナダ西部で翼竜の化石発見

カナダ西部のブリティッシュ・コロンビア洲で、およそ7000万年前の翼竜の化石が発見されました。

「ゲノム化石」で生命の進化を探る

米マサチューセッツ工科大の研究者らが、ゲノムの研究を元に生命の歴史を探り、現代のすべての生命のゲノムの起源が、およそ30億年前にあると発表しました。

手取層群で恐竜の足跡化石

手取層群で、恐竜や鳥類の足跡化石が発見されました。

フクイサウルスの時代の北陸の様子は?

フクイサウルスがいた白亜紀前期、周辺には澄んだ川がゆったり流れていたようです。一方で、北陸が海底だったジュラ紀中期には、北極からの海流が流れ込んでいました。

子育てをしていたマンモス

マンモスのことなので、15万年から4万年前という、恐竜時代と比べるとずいぶん新しい話ですが、マンモスが子どもが3歳くらいになるまで子育てをしていたという話。

Copyright © 2017. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会