恐竜化石の公開発掘調査で化石発見!!


この夏に新属新種として学名がついた「タンバティタニス・アミキティアエ」(通称:丹波竜)の化石発見現場で

8月29日から3日間「元気村かみくげ化石調査隊」と発掘ボランティアが、「丹波竜の仲間を探そう!」をテーマに

公開試掘調査を実施され、協議会事務局も参加させて頂きました。

P1110526

今回の試掘は、今年の4月に「タンバティタニス・アミキティアエ」(通称:丹波竜)とは異なる恐竜化石が発見されたことにより、地域で実施されたものです。

現場に向かう前に発見者である村上茂さんから説明を受けました。

P1110524

旧上久下村営上滝発電所記念館横から現場へ降りていきます。

P1110528

発掘現場の側は、篠山川の激しい流れです。

 P1110536 P1110538

対岸には、篠山層群の断層がくっきりです。

P1110530

”ひとはく”の三枝先生を今回の試掘についてプレスが囲みます。

P1110543

試掘風景はこんな感じでした。

P1110532 P1110534 P1110545 P1110547 P1110552 P1110563

現場から恐竜の歯と思われる化石3点が発見されました!!

P1110559

「おぉー」と大きなどよめきが上がりました。

試掘中に複雑な化石の集まりが見つかったのです。

ここからは、三枝先生の慎重な作業が続きます。

P1110569 P1110571 P1110573 P1110579 P1110581 P1110597 P1110605 P1110610

更に、丹波竜泰一発見者の村上茂さんが、別の地点で化石を発見しました。

P1110593 P1110595 P1110599

参加者も掘り出された岩塊を熱心に調べておられました。

P1110540

作業終了時には、29日の発見の成果について、三枝先生から参加者に説明がありました。

P1110607

今回の試掘と発見についても、新聞等で大きく掲載されました。

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20140830ddlk28040445000c.html

http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201408/0007282599.shtml

 

 

 

 

Trackbacks/Pingbacks

  1. 【古生物学】恐竜の巣?密集状態の卵化石 国内初、丹波で発見 | にわとり通信にわとり通信

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2014. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会