絶滅直後の恐竜化石の年代を測定

ニュースウォッチ>発見・研究 2011年 1月 29日by 小橋 昭彦コメント:0

ウラン―鉛法(U-Pb法)という年代測定法で、白亜紀―新生代境界の上から見つかった恐竜の化石を測定したところ、隕石が衝突したとされる6550万年前より新しい時代のものだったという報告が発表されています。

Direct U-Pb dating of Cretaceous and Paleocene dinosaur bones, San Juan Basin, New Mexico

Vertebrate fossils have been important for relative dating of terrestrial rocks for decades, but direct dating of these fossils has heretofore been unsuccessful. In this study we employ recent advances in laser ablation in situ U-Pb dating techniques to directly date two dinosaur fossils from the San Juan Basin of northwestern New Mexico and southwestern Colorado, United States. A Cretaceous dinosaur bone collected from just below the Cretaceous-Paleogene interface yielded a U-Pb date of 73.6 ± 0.9 Ma, in excellent agreement with a previously determined 40Ar/39Ar date of 73.04 ± 0.25 Ma for an ash bed near this site. The second dinosaur bone sample from Paleocene strata just above the Cretaceous-Paleogene interface yielded a Paleocene U-Pb date of 64.8 ± 0.9 Ma, consistent with palynologic, paleomagnetic, and fossil-mammal biochronologic data. This first successful direct dating of fossil vertebrate bone provides a new methodology with the potential to directly obtain accurate dates for any vertebrate fossil.

いくつか基礎知識を仕入れておかないと理解できないので、ちょっと調べてみました。

いわゆる年代測定法というのは、こんな方法です。生物が死亡すると、生きている間は平衡に保たれていた物質が崩壊し始める。崩壊の速度は決まっているので、現在残っている量を調べれば、それが満杯だったときの量も分かる。ざっといえばそういうことです。

なかで、今回使われているウラン-鉛(U-Pb)法という年代測定法ですが、ある対象(鉱物)の中で、結晶となった時期の違う部分がある場合、それらのウラン濃度の違いから測定値に差が出るので、その差が無かったとき、つまり結晶となる原因が始まったときを遡って推定する、という方法だそうです。化石が鉱物になる過程って、じっくり骨に鉱物がしみ込んでいきますから、濃度に差ができるんですね。これを利用したというわけです。

絶滅前の地層から見つかった化石を、まず他の方法で調べてみると、7300万年前と出た。U-Pb法で同じ化石を調べると、7360万年前だったと。整合性がありますね。それで、白亜紀と新生代の境界の上から(ということはいわゆる恐竜時代が終わった後の地層から)見つかった恐竜の化石を調べたところ、6480万年前と分かったということです。

恐竜絶滅の原因とされる隕石がぶつかったのが6550万年前です。誤差(±90万年)があるので微妙ですが、この恐竜、やはり絶滅の時代のあとに生きていたのかもしれません。

研究者の所属する大学からの発表は下記です。

Test shows dinosaurs survived mass extinction by 700,000 years

University of Alberta researchers have determined that a fossilized dinosaur bone found in New Mexico confounds the long-established paradigm that the age of dinosaurs ended between 65.5 and 66 million years ago.

もっとも、新生代は恐竜にとっては生きづらい時代でした。仮に生き残ったものがいたとしても、ほどなく絶滅してしまう運命ではありました(鳥を除いて)。

Trackbacks/Pingbacks

  1. Tweets that mention 絶滅直後の恐竜化石の年代を測定 | 恐竜info -- Topsy.com
  2. 隕石衝突で絶滅しなかった恐竜!? | 恐竜info

あなたもコメントをどうぞ

Copyright © 2011. たんば恐竜・哺乳類化石等を活かしたまちづくり推進協議会